グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利というのは、2010年の貸金業法改正以前に法律の盲点を悪用して支払われた金利のことを言います。
貸金業法改正以前は、
利息制限法の定める上限金利15%~20%(借り入れ金額により異なる)と
出資法の定める上限金利29.2%(借り入れ金額に関係なく一定)との間に、貸金業者が設定した金利が存在しました。
これがグレーゾーンと呼ばれているものです。
当時はグレーゾーン金利のみでなく、出資法の上限金利29.2%以上の金利を返済させていたところもありました。

これらの高い金利がカードローンの利用者を追い詰めたことから社会問題化し、現在の改正貸金業法が定められたのです。
2010年の改正賃金業法では上限金利を一律20%に引き下げました。
そして出資法の上限金利29.2%を越えていた利息分は超過分とみなされ無効になり、
利用者から請求があった場合には利用者にその分を返還するよう定められています。
さらに利息制限法と出資法のそれぞれの上限金利の中間に設定されたグレーゾーン金利に関しても無効だとして、
利用者の請求があった際には過払い分を返還するように求めています。
ですから過去に消費者金融などで借り入れ実績がある方は、ぜひ契約書に記載されている金利を確認してみましょう。
現在の利息制限法で定められた金利18%以上の金利に設定されていた場合は、
利息を払いすぎていた可能性がありますので過払い請求をするべきです
特に10年以上前に長期に渡る借り入れがあった方は可能性が高いです。
そしてその借り入れが完済していても、過払いの請求は認められています。

逆にここ数年のみの利用という方は、過払いが発生する可能性はほとんどないといえます。
本来支払わなくてよい金利を支払ったのですから、余分な返済分を返還してもらうのは当然です。

こういった過払い請求については、やはりプロにまかせたほうが間違いありません。
自分で契約書などを確認して過払いが判明したら、弁護士や司法書士にきちんと相談しましょう。
多少費用はかかっても確実に過払い分を取り返すには必要コストといえます。
また過払い請求を行うことでその後金融業者から借り入れしにくくなるかという点ですが、
そのような行為は法的に禁じられているので心配ありません。