カードローンのメリットとデメリットとは

急にお金が必要になったときに頼りになるのがカードローンです。
申し込みをして審査に通過すれば、融資枠の範囲内でお金を借りることができます。

カードローンの大きなメリットの一つとして、実際に融資を受けるまでにかかる時間が非常に短いことがあげられます。

申し込みをする時間帯によっては最短でその日のうちに融資が可能なところもあり、このスピードが大きな魅力になっています。
一般的な銀行の使途別ローンなどは、申し込みから実際に融資がおりるまでにそれなりの時間を要しますから、カードローンはかなり手軽な方法として人気が高いのです。
また主婦や学生の方でも一定の収入があれば申し込みができる、など申し込み条件や審査基準が比較的緩めであることもメリットとなっています。
特に消費者金融系のカードローンはその傾向が高くなっています。
一度審査に通りローン専用のカードが発行されれば、上限金額内でいつでも自由にキャッシングができるのは本当に便利ですね。
借り入れや返済も、インターネットや街中のATM・銀行口座を利用するなど、多様な選択肢があり自分に合った使い方ができるというのもメリットといえるでしょう。

手軽さゆえのデメリットもあります。

融資枠を超えなければいいからといって、必要以上に借りすぎてしまう危険がある点はカードローンの落とし穴ともいえます。
また金利も審査や借り入れに時間がかかる銀行の融資などにくらべて高め、というデメリットもあります。
ですから借り入れしすぎて残高が膨らめば、それだけ支払う利息も増えていきます。
借金しているという感覚が薄れてしまい、足りない分を次から次へとカードローンで補おうとする悪循環に陥るといけません。
限度額いっぱいまで借りるようなことは、くれぐれも避けたいものです。
前述のようなメリットとデメリットを十分に理解したうえで、必要最低限の範囲でカードローンを上手に活用できれば良いでしょう。